ブラジルと日本を繋ぐ二人の男の確かな出会い

7月の初頭。公明党の明年の参議院選挙における兵庫選挙区の新しい候補者が決まった。高橋みつお(光男)氏、41歳である。つい先月末まで、ブラジル駐在の外務省の一等書記官だった。公明党兵庫県本部の前代表である私としては、正式に後援会が発足するまでは、後見人の立場にたたざるを得ない。現県本部執行部から要請を受けて喜んで引き受けた。2日に県庁記者クラブでの出馬会見にも立会い、同日午後に二人だけでじっくりと懇談した。これからの公明党を担うに相応しい大物新人であることを実感。なんとしても当選させたいと強く思った。彼は大阪外語大英米語学科4年在学中に、外務省の専門官試験に合格、中退を余儀なくされた。入省後は、ポルトガル語の担当を命ぜられ、習得。ブラジルを始めとする関係国を中心に30カ国もの国々を飛び回った■私は彼の経歴を知るにつけ、ブラジルと日本の友好関係構築に取り組んできた、一般財団法人「日伯協会」に思いを馳せた。嬉しいことに、現在の同協会の理事長は私の竹馬の友である三野 哲治氏(本年、兵庫県功労賞を受賞)である。彼はつい先年まで株式会社住友ゴムの会長職にあった。京都大を出て住友電工に勤務していたが、常務取締役を最後に、住友ゴムの副社長として栄転。社長、会長と上り詰めた。現在の関経連会長の松本正義氏の住友電工での一年後輩になるが、かつて川上関経連会長当時の秘書長をするなど、関西経済界でも活躍をした。私と彼とは神戸市立塩屋小学校で同期。中学、高校は袂を分かったものの、少年期を共有した得難い友である。今に至るまでの共に抱いた夢を巡っては、電子本『運は天から招くもの』(キンドル)で縦横に語り合ったものである■ブラジルが結びつけた縁で、私は高橋候補と三野理事長とに面談してもらうことにした。まずは下検分にと、「海外移住と文化の交流センター」の中にある日伯協会の事務所を11日に訪れた。元町駅から北に向かって歩くこと15分ほど。神戸港を遥かに臨む高台にそれはあった。兵庫県を地盤とする選挙区で長年過ごしながら、この協会を訪れたことは今までなかった。ブラジルを説明する展示物(「不毛の地セラードを巨大穀倉地帯に変えた日系パワーの挑戦」)などを見ていたら、同協会の移住ミュージアムの天辰充幸専門調査員と出会った。私が初めての訪問だというと、彼は最上階の部屋に案内してくれ、神戸港を眺めるように勧めた。110年にも及ぶ日本からの移民の歴史の中で、数知れぬ人たちがこの窓から遠く海の向こうの地をどんな思いで見てきたか考えてほしいと言われた。移民についてほぼ無関心だった自分を反省せざるを得なかった■17日に高橋候補と一緒に、住友ゴム本社に三野・同社相談役を訪ねた。冒頭、ゼクシオなど同社のゴルフ用品を愛用しているとの高橋候補の話で初対面のもたらす二人の間の壁は一気に崩れた。共に仕事上欠かせぬ趣味ということだが、要するに二人とも私とは違ってゴルフが好きなのである。住友ゴムの工場進出の背景に始まり、ブラジル国民気質、移民の歴史の中で培われた日伯関係など、時間が経つのを忘れた。三野さんは、「誠実な人柄に加え、豊かな国際感覚と各国の利害が交錯する交渉の舞台で積み重ねた経験知が光ってる」と、公明新聞の22日付けに期待の声を寄せてくれた。また、私には後日、「立派なひとだね」との感想も。どちらかとえいえば寡黙な彼ゆえの万金の重みを持つ一言だった。激しい闘いが想定される明年の参議院選挙の初っ端の闘いで、私は一足早い滑り出しをすることが出来て満足感に浸っている■思えば2年前の伊藤孝江さんの参議院選挙でも、彼女の弁護士事務所の所長・蔵重信博氏が私の長田高校同期であることが幸いした。彼が動画の中でくれたコメントは秀逸だった。お陰で終始気分良く闘え、最終的に未曾有の得票を得ることが出来た。〝今再びの闘い〟で「伊藤超え」の票を得ることが来年の至上課題だが、三野さんを引き出すことで、密かに二人目の〝強力助っ人〟をゲット出来た喜びを心から味わっている。(2018-7-27)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*