Category Archives: 未分類

自立心引き出す手立てとしての唱題

繰り返しの無意味さを指摘する文脈で、「お題目のように無意味なことを繰り返す」云々という表現を、私たちは時々目にすることがあります。こうしたことに出くわすたびに、私はなぜ、名目、主題だけを繰り返すことに、宗教批判まで加えるのかと疑問を抱きます。お題目が意味がなく、無価値であるってどうして断定出来るのか、との素朴だけど重要な疑問です。

かくいう私もお題目を唱えることへの違和感がなかったか、と言いますと、当然ありました。紙に書かれた文字を見つめて、口に南無妙法蓮華経と唱えることを繰り返して、どうして人は成仏でき、幸福になれるのかとの疑問をずっと抱いてきました。かつて先輩に会うたびに、この根本的疑問を突きつけて、その人の答え方を聞き出そうと迫ったものです。

この世における究極の最高の実体を、具現化したもの(御本尊)に対して、身も心も尊敬の念を抱きつつ南無妙法蓮華経と繰り返すことで、自らの体内に宿る尊極の生命状態が湧き出てくる、というのが行き着いた答えの決定版です。信仰生活の中で感得し、体得出来ました。簡単に言ってしまえば、最高のものに縁することで、同等のものが自らの五体から出てくるという原理です。その原理は、主体と環境の関係でいい表せます。

宗教といえば、頼る、すがるイメージ。つまり、自立ではなく、他者依存の傾向が強いものとして、位置付ける向きが多いと思われます。私もそう捉えていました。しかし、日蓮仏法を知って、それは全く違うことに気付きました。自己に内在する最高究極の仏界の生命状態を、仏界を具現化したものとしての御本尊を前に(縁すること)おいて唱題することで、内より引き出すことは、いわゆる他者依存ではないということを自覚したのです。しかもその祈りは、「誓願」を本旨とします。誓いと願いの一体化です。誓いの意思あるところに、願いの成就ありと言えるのです。日蓮大聖人は「南無妙法蓮華経とばかり唱へて仏になるべき事尤も大切なり」(日女御前御返事1244頁)と述べています。ここで言われている「仏」とは、いわゆる最高無上の人格との位置付けよりも、生命力に満ちたパワフルな人との捉え方を私はしています。(2019-1-15)

 

 

Leave a Comment

Filed under 未分類

仏法哲理と共に生きて50年余

はじめに

私が日蓮仏法の信者になったのは昭和40年。大学一年の時です。早いもので、54年が経とうとしています。この間に様々なことを見聞し、経験し、考えてきましたが、それをこの辺りで残しておこうと思うに至りました。ひとの一生はその人間の記憶にあるだけ、亡くなれば全て消え去ってしまうというのでは、いささか無念な思いが残ります。仏法哲理の凄さに私は目くるめく思いを抱きつつ、無我夢中に生きて、それなりに思索めいたことも凝らしてきました。自分自身で書き残しておけばそれでいいというものでしょうが、そこはIT時代ゆえ、簡単な手作業で世に同時公開できます。そうすることによって友人、知人、隣人たちに、そして子や孫たちに考える材料を整理して提供できることが可能になります。かつて、新聞記者として社会人のスタートを切った私は、自分の書いた原稿が活字になって翌朝紙面を飾る醍醐味に酔いしれました。やがてそれは、ワープロの登場で、印刷工場での作業を待たずに瞬時に自分の手で印刷されることが可能になりました。それが今では、パソコンの活躍を経て、更にスマホやアイパッドによって活字は空間を自在に飛び交うようになったのです。私の世代より少し前の先輩たちはネットを使いこなせぬままに消えていこうとしています。彼我の差の大きさに息を飲む思いです。戦後世代のトップ、つまり団塊の世代のちょっと先を行く、〝弾頭の世代〟(昭和20年生まれ)のひとりとして、これから少しづつエッセイ風に書いて行くつもりですので、お付き合いいただければ幸いです。(2019-1-5)

Leave a Comment

Filed under 未分類

只今準備中

ようこそ。只今準備中です。

1 Comment

Filed under 未分類