【37】高等部結成とその後ー小説『新・人間革命』第9巻「鳳雛」の章から考える/10-31

●高等部発足と高等部長との思い出

 1965 年(昭和40年)7月11日。日大講堂での第八回学生部幹部会の席上、高等部長として、上野雅也が任命されました。高等部の発足は既に前年に発表されており、これより本格的に同部の活動が開始されます。10月1日には学会本部での部旗授与式に伸一が出席して、重要な話をしました。

「私も諸君に対して、〝早く生いたて〟との思いでいっぱいです。私が会長である限り、諸君の道を開き、見事に広宣流布の総仕上げをさせてあげたい。どうか、今日、集まった高等部の第一陣の幹部の諸君は、十年先、三十年先、五十年先までも結束を固めていっていただきたい。そして創価学会を守っていただきたい。学会員を守っていただきたい。民衆を守っていただきたい」(153頁)

  この言葉を聞いた全国の高等部員は上野高等部長のもと、深い自覚と決意のもと、輝かしい戦いを展開していきます。私は当時入会したばかりの学生部員でしたが、高等部員たちの凄さは後年になって知ることになります。とりわけ上野雅也こと上田雅一高等部長には、大学の先輩として、大学会第一回総会(43-4-26)での出会いに始まり、数限りない激励を受けてきました。池田先生との出会いの直後、下宿先の母屋の方から「上田さんから電話ですよ」と言われ、学生部の仲間の上田某君と勘違いし「おお、上田君か」と電話口に出てしまいました。苛つく声で「本部の上田です」と言われたこと、赤面の極みでした。

 138頁から5頁にわたり彼の体験が語られていますが、若き日の苦闘を初めて知り、感動を新たにしました。「豪快だが心の優しい少年」との表現には、思わず笑みが浮かびました。確かに「豪快そのもの」の指導をされる青年幹部として、一時代を作った人だと思います。私とは4歳ほど兄貴分ですが、到底追いつけない〝でっかい境涯〟の先輩でした。

●鳳雛会メンバーのたくましさ

 高等部に結成された鳳雛会、鳳雛グループの野外研修が箱根の仙石原で1966年(昭和41年)7月16日に開かれます。伸一は、その日が日蓮大聖人が『立正安国論』で国主諫暁された意義深い日であることを、「永久に忘れないでいただきたい」と強調します。(180-193頁) このくだり前後に紹介される浅田茂雄や、工藤きみ子は共によく知っている仲間です。前者とは初の青年部訪中団で一緒しましたし、後者とは後に高等部担当幹部として共戦した仲です。二人ともあの日の誓いを断じて忘れない素晴らしい指導者に成長しました。

 ここには登場しませんが、高等部結成に馳せ参じたり、鳳雛会で薫陶を受けた人を私は数多く知っています。中でも、のちに某民放の報道局長になったS氏や、外務省の課長になったH氏は、共に私とは大学同窓で、よく高等部時代のことや先生との契りを聞かされたものです。彼らの入会は子どもの頃からで、後発の私は羨ましく思いました。鉄は熱いうちに打て、といいます。高等部に対する伸一の打つ手の細やかさに感動するばかりです。

●懸命に関わった藍青会員たち

 私は高等部担当幹部を20歳台に5年ほどやりました。自分の入会が19歳で、高校卒業後一年経っていたので、高校生を激励し、育てることの重要性がよく分かっていました。都内の新宿区、港区、千代田区の高校生と付き合ったり、副高等部長として人材育成グループの藍青会を担当もしました。東京の場合は連絡事務担当に過ぎませんでしたが、東北、北海道の高校生男女30人ほどには1年間、半年と御書講義に現地まで通いました。

 沢山の思い出があります。東京の藍青会グループとは、仙石原の研修所に一緒に行きました。そこに、テレビ記者や外務省の役人になって活躍している友人たちを呼び、高校生たちに話をしてもらいました。少しでも刺激を受けて欲しかったからです。北海道や東北の高校生とは一緒に卓球やゲームなど遊びにも興じ、あれこれと交流を深めたものです。

 そんな中から、医者、大学教授、弁護士、新聞記者、放送記者、政治家など多士済々の人材が輩出していることは嬉しい限りです。私は彼、彼女らがほぼ全員学会っ子として2世、3世だったので、現実に信仰体験を持つことの重要性を強調しまくりました。「親がやってるから」「気づいたら信心していた」「信心の凄さは分からない」というのではあまりにも残念です。信仰の極意を会得するには、体験をつかむしかないと訴えたのです。

 池田先生がうたれた高等部、中等部、少年部結成という若い世代へのくさびが今になって大きく実を結び、見事に羽ばたいている姿を見るにつけ、その先見性に感嘆するばかりです。また、たとえ千万分の一でも、お役に立てたことを誇りに思います。(2021-11-3 一部修正)

Leave a Comment

Filed under 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です