Monthly Archives: 8月 2022

【80】中国首脳との深くあつい出会い──小説『新・人間革命』第20巻「信義の絆」の章から考える/8-10

●周恩来首相との感動的、劇的な出会い

 ソ連訪問から2ヶ月ほどが過ぎた1974年(昭和49年)11月中旬。中国の北京大学からの招待状が伸一に届きました。12月2日の2回目の訪中までに伸一は、第一次訪中の感想を述べた著作(『中国の人間革命』)の執筆など、「日中友好」の絆を深めるあらゆる手立てを講じていました。この章の冒頭は、両国の関係改善から強化について、心の配り方について、深く考えさせられる示唆に富んだ内容です。(297-326頁)

    中ソの関係悪化という背景を受けて、両国の間を取り持つ糸口となる働きをしたいとする伸一は、鄧小平副総理との会談で「ソ連は中国を攻めようとはしていません」との見解を伝えました。同副総理は「それは大変に難しい判断を必要とします」と述べただけ。多くを語りませんでした。会談の冒頭での「問題は複雑です」との発言と合わせ、中国側の裏事情を感じさせるに十分な様子でした。伸一は機敏な対応で話題を変えます。このくだりからは、私は手に汗握る外交の機微といったものを感じ、興味津々の思いを深めました。(329頁)

   そして最終の舞台で周恩来総理との劇的な場面が登場します。体調が極めて悪く入院中であった同首相から、会いたいとの強い希望が伝えられてきたのです。

 【総理の手は白かった。衰弱した晩年の戸田城聖の手に似ていた。伸一は胸を突かれた。二人は互いに真っすぐに見つめ合った。伸一は痩せた総理の全身から発する壮絶な気迫を感じた。時刻は12月5日午後9時55分であった】76歳と46歳──「最初で最後の、生涯でただ一度だけの語らいとなった。しかし、その友情は永遠の契りとなり、信義の絆となった。総理の心は伸一の胸に、注ぎ込まれたのである」──こんなにも心に食い込む出会いの表現に、私はかつてであったことはありません。(338頁。345頁)

 この語らいで、伸一が「中国は世界平和の中軸となる国です」と述べたことに対して、周総理は「私たちは超大国にはなりません。また、今の中国は、まだ経済的にも豊かではありません。しかし、世界に対して貢献はしてまいります」と応じています。ここで使われた「超大国」とは、当時の米ソ両国を意識した、世界の覇権を求める国という意味でしょう。今、中国は経済的には米国に迫りつつあり、あらゆる意味でその「貢献」が問われています。周恩来と習近平──2人の「しゅう」が同じ「心根」を持った人であって欲しい、ということが率直な日本人の願望です。有為転変の世界をリアルなまなざしで見つめるしかない、と私は思うのです。

●ワルトハイム国連事務総長との交流

 翌1975年(昭和50年)1月6日。伸一は早くも今度は、米国に飛びます。10日には国連本部を訪問して、ワルトハイム事務総長と会談しました。ここでは、核兵器絶滅の道、人口問題の見解、国連大学の方向性などについての見解を書簡にして手渡すと共に、1000万人を超える『戦争絶滅、核廃絶を訴える署名』簿をも手渡しました。この背後には、平和を願う青年たちの努力に精いっぱい報いたいとの伸一の熱い思いがありました。(364-366頁)

 この時、伸一は「国連を守る世界市民の会」の提起をしていることが注目されます。〝人類は戦争という愚行と決別し、同じ地球民族として、力を合わせて生きねばならない。それには国家や、民族、宗教等々の枠を超えて、国連を中心に、世界市民として団結し、地球の恒久平和をめざすことだ〟との信念と決意が、その背景にありました。

 国家と国家がエゴをツノ突き合わせる事態は、ますます強まる一方です。そうした時に国家を超えた市民の連帯の渦こそ、重要だとの思いが伸一にはあったのです。当時、既に創価学会SGIの動きも底流にはありました。その確かなる手応えがこうした発言の背後にあったと思われます。それから50年足らず、分断の動き強まり、国連の危機は一段と激しさを増すばかり。伸一の先見の明は明らかなのです。

●キッシンジャー米国務長官との語らい

 ついで、キッシンジャー米国務長官との初の会談がワシントンD.C.で行われます。4年前の1971年(昭和46年)に、米中対立改善への流れを作ったニクソンの電撃的訪中の舞台回しをしたのが、同氏でした。米ソ戦略兵器制限交渉、ベトナム戦争の米軍漸次撤退の動きなどにおける彼の平和への屈強な信念を、伸一は見逃しませんでした。世界の平和に向けて語り合う日を待っていたのです。その思いが遂に実現しました。中東情勢をめぐって、2人は深い語らいをします。

 私は、この1年間における伸一の民間外交にこそ、世界平和を希求する真骨頂を見る思いがします。国家を担う政治家でも、外交の衝にあたる官僚でもない、こんな人物がこれまでこの世界にいたろうか、と深い尊敬の念を抱きます。(2022-8-11)

Leave a Comment

Filed under 未分類

【79】「歴史の逆転」は許されない──小説『新・人間革命』第20巻「懸け橋」の章から考える/8-3

●全ては、祈りから始めるとの行動原則

 中国からソ連(現、ロシア)へ。中ソ対立の懸案を解決すべく伸一は、1974年(昭和49年)9月8日、モスクワ大学の招待を受けて、かの国を初訪問します。10日間の滞在でした。大目的は世界の平和を確立することでありますが、その実現には教育・文化交流を通して、人間と人間を友情と信頼の絆で結ぶことしかないというのが伸一の信念でした。その旅のスタートにおける伸一と峯子の行動が読むものの心を打ちます。(172-173頁)

  【伸一と峯子は、荷物を整理すると、すぐに唱題を始めた。祈りから始める──それが彼らの信念であり、行動の原則であった。祈りは誓いであり、決意である。小声ではあるが、真剣な唱題であった。二人は、ソ連の人々の幸福と平和を、そして、いつの日か、地涌の菩薩がこの地にも誕生し、乱舞することを懸命に祈り、念じた。】

 祈りから始めるということは、これまで幾たびか先輩から聞かされてきました。あれこれと思い悩むよりも、まず仏壇の前に座り、ことの成就を祈念するとの原則です。若き日より、観念論に陥りがちであった私は、どうしても「祈り」=観念という定番のパターンを思い浮かべがちでした。それを打ち砕くには、「祈り即行動」との方式に慣れることだと、思い定めて挑んできました。それには祈りの中で、具体的な行動の順序立てを組み立てたり、成功へのイメージを思い描くなどの工夫もしてきたのです。

 また、昔と違って、集合住宅暮らしになり、どうしても小声にならざるをえぬため、元気が出ないと思うことも。それを覆すには、真剣さで熱中するしかないことに気づきました。大声であげられることに越したことはありませんが、小声もまた〝没我で代替〟出来ると、今は思うに至っています。

●「教育」こそ国家の反目を乗り越える力を持つ

 モスクワ大学を訪問した伸一一行は、大学200周年の記念に北京大学から送られたという、横幅2メートルにも及ぶ見事な織物を発見します。国家間の対立はあっても、人民同士の交流は揺るがないとの言葉を聞いて、伸一は直観します。

 【〝これだ!これなんだ!教育交流のなかで育まれた友情と信頼は、国家の対立にも揺らいではいない。この流れを開いていくのだ!彼は小躍りしたい気持ちであった。もう一度、織物を見上げた。教育の大城が、中ソ紛争という国家と国家の反目を、見下ろしているように思えた。】(184頁)

 【教育は未来を創る。伸一が教育に力を尽くしてきたのも、それこそが、新時代建設の原動力であると考えたからだ。】(199頁)

 「教育」の重要性は、様々な機会に目にし、耳に聞きます。それは人間を創ることに通じるからでしょう。 モスクワ大学と北京大学、二つの国を代表する教育の殿堂である大学相互を結ぶ文化の交流は、少々の反目にはびくともしない強固さがあるといえるのです。

 私は、国会で、「外交・安全保障」の分野に一貫して取り組んできましたが、ある時、大学時代の恩師で中国問題の権威であった中嶋嶺雄先生から「外交や防衛も大事だけど、教育はある意味でもっと大事だよ。そろそろ君も国会議員として『教育』に取り組むべきだね」と言われました。その先生はご自身、長く中国問題に通暁されていて、晩年秋田の地でユニークな大学経営に取り組まれる変身を遂げられただけに、重みのある一言でした。その思いに応えられないまま、永遠のお別れしてしまったのは極めて残念なことでした。

●「戦争を起こさないことが大前提」とのコスイギン首相発言

 モスクワ滞在の最終盤で、伸一はコスイギン首相との会談に挑みます。その中で、同首相に伸一は「あなたの根本的なイデオロギーは何か」と問われて、即座に次のように答えます。

 「それは平和主義であり、文化主義であり、教育主義です。その根底は人間主義です。」と。そう聞いた同首相は、「山本会長の思想を私は高く評価します。その思想を、私たちソ連も、実現すべきであると思います。今、会長は『平和主義』と言われましたが、私たちソ連は、平和を大切にし、戦争を起こさないことを、一切の大前提にしています。」(274-275頁)

  池田先生は中ソ対決の真っ只中で、ソ連の指導者から、平和を大事にし戦争は起こさないとの言質をとりました。こうしたやりとりが背景にあり、かつ、のちのゴルバチョフ大統領のペレストロイカという英断もあって、ソ連はロシアへと変貌を遂げました。しかし、それから約30年。プーチンのロシアは隣国・ウクライナに侵略戦争を仕掛けてしまい、もう5ヶ月も悲惨な戦争が続いています。

 歴史の逆転──様々な言い分はあれ、プーチン大統領の行動は、かのヒトラーにも匹敵する無残なものです。これを押し戻すために、私たちは「平和主義」を貫き通さねばならないと、心底から思います。(2022-8-3)

Leave a Comment

Filed under 未分類