伊藤孝江選挙事務所での多くの出会い/6-13

参議院選挙の兵庫選挙区の伊藤孝江事務所には大勢の支援者が全国から兵庫一円に来てくれます。6年前、3年前に続き、今回も、担当の任につきました。家族連れで伊藤候補の実物大パネルの前で次々と記念撮影に収まったり、激励の言葉をかけ合いました。皆さんから量り知れないパワーをいただく絶好のチャンスです。(6-13)

100回を迎えた異業種交流会/5-30

私が議員を引退した2013年から、友人の川崎氏(前右から2人目)のサロン風事務所で始めた異業種交流会も数えて100回。この日は日本ウクライナ友好協会会長の岡部芳彦神戸学院大教授(後列ゼレンスキー・岡部氏監修『魂の叫び』を持っている)や、井戸敏三前知事らと集いました。下は、ジャズピアニスト・藤村麻紀さんがピアノ演奏をする様子を、ウクライナのメデイアからの取材を受けるために早めに退席する岡部氏が聞き入っている姿。(2022-5-28)

海の男と女たちの世界ー波濤会の写真展が神戸港埠頭で/5-14

波濤会の写真展が神戸港埠頭で5-13〜15の日程で開かれました。友人(写真下中央)を誘って行ったところ、偶々ラジオ関西の三上公也パーソナリティが通りかかりまして、一緒にカメラに(写真下右から2番目)。案内してくれた岡山の波濤会のSさん(写真上)男女の波濤会会員ら(写真下)の素敵だったことといえば、ホント最高でした。(5-14)

街頭演説を聞いている最中に友人とばったり/5-1

連休中の明石で、伊藤孝江参議院議員の街頭演説会に参加しました。赤羽一嘉前国交相と、浮島智子衆議院議員の三人が演説しましたが、三者とも元気いっぱいに分かりやすい内容。聞いている間に、偶々友人が通りかかり、いい塩梅に候補を合わせることができました。偶然とはいえ、嬉しい巡り合わせでした。(5-1 明石市内で)

共存の時代を強調ー第25回くまもり全国大会で挨拶/4-30

第25回くまもり大会の第一部の終わりの挨拶で、私は明年に向けての三つの活動の方向性を語る一方、これからの77年が、「共存化」の時代であることを強調、熊森協会の使命が重大であることを力説(写真上)しました。写真下は、同協会の本部で活躍するメンバーの紹介場面です。(2022-4-30)

馬毛島のマゲシカを絶滅させるなー「熊森協会」と九州防衛局へ要望/4-17

馬毛島に棲息するマゲシカなどの野生動物が絶滅する可能性が高いー自衛隊及び米軍の訓練基地として使われる予定の鹿児島県西之表市馬毛島の問題をめぐって、日本熊森協会の室谷悠子会長(私の隣)、森山まり子名誉会長(左から2人目)らと共に、九州防衛局の伊藤局長(中央)に面談し、同島での専門家の調査などの実施を要望した。(写真上 4-15)

九州産業大学の網本義弘名誉教授(中央)と大谷忠彦福岡工大理事長(右)と懇談。3人は長田高校の同窓生。(写真下4-15)