ゴルフ練習を10年ぶりに再開して

オリンピックの種目にゴルフが入る一方で、最近ゴルフ人口が下降線をたどっているとの報道も目にした。その理由の一つに挙げられるのが、上達が難しいこととあった。勿論、かかる費用も依然として高価なこともある。それだけではない。集団的自衛権問題がかまびすしく論じられていた6月下旬だっただろうか、公明党の幹部が安倍首相とゴルフに興じている様が報道され、痛くない腹をさぐられるかのごときの批判を蒙っていたこともある。またつい先ごろ、広島の集中豪雨禍が報じられる最中に、夏休みでゴルフをしていた首相が、中断しただけで、再開したことにも非難が寄せられていた。ことほど左様にゴルフは庶民生活からは程遠いものとしての地位を得ていることとも無縁ではなさそうだ▼地方の安月給取りだった我が父も御多聞に漏れず、昭和30年代にゴルフに熱中していた。家の小さな庭に特製のネットを張り、廊下にはパター練習用の”装置”が施されていた。平日は麻雀で徹夜に近い時を過ごしていながら、休みになるといそいそとゴルフバッグを担いで出かけるのが日常的風景だった。後年、大学に入って創価学会の門を叩き、宗教活動に余念なく勤しむ息子の姿を横目にして、我が父は「我が家は親子の関係が逆転している」と嘆いたものだ。普通は、若い方が麻雀、ゴルフに打ち込み、年老いた親父が宗教に熱心なはずなのに、と▼父に意図的に反抗するつもりはなかったが、麻雀は時間のロスに、ゴルフはお金の無駄に思えただけに過ぎない。一緒に酒を酌み交わすことも殆どなく、同じ趣味に興じることもなかった私は思えば親不孝だったかもしれない。銀行マンでありながら、株式投資にも目を離さなかった父に比べ、公明党という「株はご法度」の政党に永年、禄を食んできた私。父の方こそ、”子不幸”ではないかと思い込んできた▼そんな私がゴルフを少しだけだが嗜もうとした時期がある。当選して5年程が経った頃だったか。高校時代の友や大学時代の連れに誘い、誘われ、ほんの一時期ウッド、アイアンを振るなど”芝を刈った”ものである。七人の高校同期と軽井沢に行った日のことは忘れがたい。一人とびぬけた存在の私のせいもあって、しばしば二組が鉢合わせする羽目になった。あれこれ余計なアドバイスの声を浴びながらの私のスイングに七人の眼が注がれた。まさしく先進七か国会議(G7)に入るとか入らないとかと言っていた、ロシアの境遇のようであった▼いつまでも上達しない私のこと、いつの日かゴルフは遠ざかっていった。庶民の真っただ中で生きることを身上とする政治家。師匠も兄弟子もしないものを門下生がするわけにはいかない、とかなんとかあれこれ理由はつけていたが、要するにいつまで経っても高血圧状態(上が150を超える血圧)を脱することが出来なかったからだ。そんな私だが、先日旧友に誘われ、実に久方ぶりにグリーンに降り立つこととなった。10数年ぶりにクラブを持つとあっては、仲間に迷惑をかけてはならないとの思いと、そこはやはり、あわよくばいいスコアを残したいとの下心もあって、市内のゴルフ練習場に出かけ、打ちっぱなしを試みた▼60球では物足らず120球ほど打ち込んだ。わき目もふらずただ闇雲に。その結果何が起こったか?左脇の下が猛烈に痛むことに。整形外科に行ってレントゲンを撮ったところ、肋骨の六番目部分が疲労骨折している、との診断が下った。医師曰く、「急に同じ方向に腕と上体を振る行為を繰り返せば、何が起こるか解りそうなものを」と。「全くろくでなし」とはさすがの先生も口にしなかったが、いいたそうだった(2014・8・24)

 

国民サイドのチェック役こそ公明党の役回り

昨日(8月15日)付けの神戸新聞を始めとする全国の地方紙に、連載インタビュー『直言・安倍政治』の第三回目が掲載されましたが、そこに私が登場しました。これは共同通信社が配信したものです。新聞社や通信社の記者はインタビューしたものを当然ながら自分のフィルターを通して文章化します。結果として表現されたものは、喋った側の狙いや意図とは微妙に違ったものであったり、言い回しに納得がいかなかったりすることが少なくありません。今回のものは、その典型で、いささか不満です。そこで、本当のところはこう言ったつもりだったという、リメイク版を作ってみました。質問は全く触っていませんが、私の発言は全面的に違っています。両者を見比べていただくのも一興かもしれません。

ー集団的自衛権の行使容認は説明不足という人が多い。

「安倍晋三首相は外国からの武力攻撃に対する抑止力につながるとと説き、山口那津男公明党代表は海外での武力行使に歯止めをかけたと強調するが、なぜそう言い切れるのか、理解しかねる国民は少なくない。自公両党の交渉の一部始終を開示したうえで、主張の違いをどう埋めていって合意に至ったかを、明らかにする必要がある」

ー公明党は、はやる首相に振り回されたのではないか。

「そんなことはない。憲法の拡大でも縮小でもない、適正な解釈の余地の範囲内で収めたことは多いに評価できる。ただ、今後の具体的な法律の制定や、現実の運用場面で、公明党が付与した様々なしかけが効力を発揮するよう、十二分な注意が必要だ」

ーそもそも集団的自衛権の行使容認には反対だったはず。連立離脱の選択肢はなかったのか。

「閣議決定の中味は、自公協議に入る前に取り沙汰されていた集団的自衛権とは違い、極めて限定されたものだ。連立離脱をカードにすべきだったとの指摘には納得できない。至誠天に通ず、だ。政権の基盤を揺るがせたり、政治を不安定にしてはならないとの信念に貫かれていたのではないか」

ー首相の経済政策「アベノミクス」は疲弊した地域社会には波及していない。

「確かにその側面はある。だが、株価は上昇し、消費税引き上げの悪影響も今のところ少なくて済んでいる。企業、財界の受けは悪くない。大企業優遇だとの指摘もあるが、首相は法人税引き下げや規制緩和により、企業活動が活発になることで、その恩恵が一般の生活者に及ぶという信念を持っているのだろう」

ー庶民の暮らしが楽になったとは思えない。

「バブル崩壊後の”失われた20年”からの脱却はそう簡単ではない。その困難な中、低所得者の生活向上のために動き働くことこそ、公明党の役割である。頑張りを期待したい」

ー日中、日韓関係は冷え込んでいる。

「かつてない危うさにある。ただ、両国とも深刻な国内問題を抱えていることを、首相自身も理解しているだけに、ここは毅然とした態度を貫きたいと思っているのだろう。今が正念場だ」「伝統的に対中関係に一定のパイプを持つ公明党の力の発揮しどころではないか」

ー首相の政権運営をどう評価しているのか。

「第一次安倍政権の失敗から大いに学んでいる。閣僚の不祥事や失言なども殆ど無く。安定感が出てきている」「尤も、福島原発事故の根源的な対応や沖縄普天間基地問題の決着など懸案は山積したまま。瞬時の油断も許されない」

ー公明党は今後、どうしていくべきか。

「一強多弱と言われるように、野党の存在が弱い中で、政権内野党として、国民サイドに立った監視役、チェック役を貫いていってほしい」

(2014・8・16)

 

 

国際政治の現実見据えた公明党の英断

公明党は今年結党50周年を迎えますが、新聞メディアはこれから様々な企画をするものと思われます。産経新聞は『かすむ航路ー公明党集団的自衛権の余波』と題して、この8月8日、9日、12日と三回にわたり連載を掲載しました。その二回目の(中)で、私が登場しましたので、その関連のくだりをまず転載します。

「個別的自衛権と集団的自衛権は紙一重。その意味で『個別的自衛権に匹的する』として憲法9条の範囲内に収めたことが大事で、肯定的に評価しています」

衆議院議員を6期務め、平成24年11月の衆院解散を機に議員を引退した、外交・安全保障に詳しい元公明党衆議院議員、赤松正雄は今回の集団的自衛権の行使容認をめぐる結末についてそう語り、理解を示した。

イラクへの自衛隊派遣など、安全保障をめぐる節目で党がどう決断してきたかを熟知する赤松は連日、地元の兵庫・姫路などで開かれる党員・支持者向けの説明会に奔走している。「9条で許される範囲内と範囲外を明確にしたのが自公協議の所産だと説明すれば、納得してもらえるはずだ」とも語る。

ただ、赤松のような引退議員は例外で、今回の党執行部の対応に批判的なOBは少なくない。その存在が執行部を苦しめた側面があるのは否めない。「国連平和維持活動(PKO)協力法などは、『捻挫』程度ですんだが、今回は公明党の歴史に傷が残るような『骨折』になりかねない。妥協しない方がよかった」と不満を漏らすのは、近畿地方のある引退議員。

確かに党員・支持者の間で反発があり、OB議員などの間でも批判する向きがあったことは事実だと思います。しかし、私が例外というのはいささかオーバーだと思います。「安全保障」のプロはじっと推移を見ていたはずで、私と同調する向きも多いはずです。批判する人たちはアマチュア(素人)なのです。自公の協議といっても、所詮自民に公明は抑え込まれるだろう、との先入観もあったと思います。

ところが、その結果は、ある意味で意外にも、安倍自民党は譲歩に譲歩を重ねて、「集団的自衛権」とは名ばかりで、従来は個別的自衛権とも目されかねない境界部分を取り込んだに過ぎない内容になっています。つまり、いわゆる歯止めがかけられたわけで、「集団的自衛権」の名のもとに想定されたような、自衛ならぬ、専ら「他衛」を目指すものとは違っています。ま、勝った負けたを同じ与党内で言うことは憚られれますが、公明党の担当者たちはよく頑張ったと思います。

ただ、これからが本番で、実際にこの閣議決定通りの法律ができ、しかも適切に運用されるかどうかを監視しないといけません。私が現役の頃、憲法の制約のために、あれもできない、これもできないという出来ない尽くしの中、公明党はカンボジアPKOからイラク・サマワの人道復興支援やインド洋上給油支援などを可能にしてきました。これをノーって見る人は、今回の決定も許されざるものとして見るのでしょう。しかし、変転極まりない国際政治の現実の中で、ギリギリの選択を余儀なくされるものを是とする側から見ると、必要なことと思われるのです。(2014・8・13)

軍師から革命家へ、姫路より萩路に想う

黒田官兵衛から吉田松陰へ。舞台は姫路から萩へと移るといえば、NHKの大河ドラマのこと。少し気が早いが、来年は松陰の妹をヒロインにすえた『花燃ゆ』が登場するという。私はそうしたことをまったく意識せずに、今年の夏休みの旅行先に、萩から津和野といったコースを選んだ。その地に足を運んで初めて街中に林立する幟で知ったのである▼姫路から佐用を経て、中国縦貫道を飛ばすこと4時間余り。秋芳洞に立ち寄った。先日、日経新聞土曜日付けの折込み「プラスワン」に日本で最も人気の高い鍾乳洞として挙がっていたのがこの地。以前から一度は行きたいと思っていたのだが、ようやく今頃になって実現した。3億年前にタイムスリップしたと思わせるに十分な大自然の妙味をたっぷりと味わえた。その地に足を運ばねば見られないというのが観光地の醍醐味だが、まことに迫力があった▼ところが、此の地はこのところ観光客が漸減していると言う。恐らく自然美よりも人工美に関心のある若い人々に、今一歩人気がないのだろう。地上から見る秋吉台の展望台の寂れようはなんとも痛ましかった。それに比べて萩市内はなかなか魅せた。萩は小京都が通り相場とされるが、萩八景と呼ぶばれる船中からの風景は小ラインを思わせるほど豊かな水量を誇っていた。山また山の中国縦貫道の行きついた先の、川と海は大いに目を和ませたのである▼松陰神社は二度目なのだが、一度目に比べて松下村塾の小ささが気にならず、むしろ堂々として見えたのは不思議な思いがした。こちらの松陰研究の進歩ゆえかもしれない。29歳でこの世を去った巨人は、今やいやましてその存在感を高めている。次に訪れた津和野も森鴎外、西周から安野光雅まで、この地が生んだ偉大な先達を宣揚する施設に事欠かない。それに比べて黒田官兵衛さえも訪れてみる記念の建物がない姫路はいったいなんなのか、と残念な思いを持った。どこへいっても姫路との比較をしてしまうのは、過去の職業柄とはいえ因果なことだ(2014・8・6)