和田山で、但馬・丹波地域を仲間と語り合う

兵庫県北部に位置する但馬方面は早くも雪の訪れがやってきています。ただ未だ本格的な冬の季節ではなく、嵐の前の静けさならぬ豪雪前の小春日和。そんな穏やかな天候のなか、15日の午後、播但線に揺られること2時間足らず、寺前で乗り換えて和田山まで行ってきました。公明党のOB議員の仲間たちと会うためです。五つの国で出来ていると言われる兵庫県ですが、但馬は他の4地域に比べて、観光の分野では一歩先んじている趣きがあります。とりわけ、豊岡市、篠山市(来年5月からは丹波篠山市)、朝来市の三市は城崎温泉、古民家集落、天空の城など観光客を惹きつけるスポットを有しており、人気を集めています。それぞれの地域及び隣接市に住む元市議会議員3人ととお昼を食べながら、種々懇談をしましたが、なかなか楽しいひとときでした■豊岡市というと、コウノトリ、城崎温泉、円山川がすぐに思い浮かびますが、今では兵庫でも有数の外国人が訪れる地です。西日本きっての豪雪地でもあり、雪深いところでもあります。そのくせ夏場は猛烈に暑くなるという寒暖の差が激しいことでも知られます。観光、中でもインバウンド客にとっては、雪に温泉。しかも風情ある街並みが人気の秘密でしょう。昨今、急速に観光地としてのイメージアップには中貝市長の手腕によるところが大きいとの見立てで元市議と私の見立ては一致しました。観光地としての発信力には、経済界からの助っ人が本領を発揮したようです。私的には先年、日本海沿岸に広がるジオパークに魅力を感じました。尤も、これは豊岡地域だけではなく、鳥取との県境に位置する香住、浜坂地域にまで及んでおり、壮大な歴史を感じさせる風景が見ものです■朝来市は、豊岡市よりももう少し南で姫路とも近い距離関係にあります。ここは天空の城と呼ばれる竹田城跡が有名です。私が播但線に揺られて和田山に向かった時も、竹田城の最寄り駅でどっと人が降りました。ここにも先年、現役時代に事務所スタッフ連中と一緒に行きました。ご存知のように、ここは城跡といっても何もなし。ただ小高い丘が残るのみです。ですが、霧に包まれた中に浮かぶ幻想的な城の姿(ポスター写真)は夢幻のごとく、人の想像力をいやが上にも掻き立てます。一年のうちに何日見られるか、分からないのに、皆さんあわよくばと、駆けつける姿はいじらしいばかりです。これはひたすら映像力の勝負でしょう。この城跡近くに住む元議員は、地元ではあるけれどもこれだけには頼れない、とリアルな観光力発信に秘策を練ろうとしています■もう一人の元議員は、丹波市在住です。ここはつい最近、隣接する篠山市の市長が市の名称を丹波篠山市と変更したいということを争点にして、ひとたび市長職を退任し、改めて市民投票にかけた上で、市長選挙を実施し、当選。念願叶って丹波篠山市となりました。丹波市側からすると、「どうでもいいことです」といたって冷淡ですが、篠山市としては真剣です。ここは陶芸の里としても知られ、また古民家が集積した古い街並み・商店街が魅力的(ここも以前に訪れ感銘を受けました)です。もちろん篠山城もあります。近年NPO法人の活躍でDMOとしての実績をあげており、兵庫の中では大いに観光客集めに気を吐いています。丹波市からすると、山間に囲まれた同市よりも篠山地域は外に開かれた分、人の訪れに有利だとちょっぴり悔しそうでした。ともあれ但馬・丹波地域は過疎地域が多く、限界集落的な町村がひしめいています。ここいらをどうするかが一握りの観光地を宣揚するよりもより重大な課題です。私は今淡路島の観光を中心に瀬戸内海方面から近畿、中四国一帯の振興を考えていますが、日暮れて道遠しの感は否めないだけに、あれこれと刺激を受ける、いい語らいのひとときでした。(2018-12-17)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*