ファゴットやチェロ、オペラを聴いて涼む

一年で最も暑い日々がやってきています。二十四節気のちょうど半分にあたる十二節気は、その名もずばり大暑。うだるような暑さの中で、このところ様々な集まりに参加しました。一つ目は、サイバー京都研究所の開設にともなう記念のコンサートと記念パーティです。この研究所は、京都情報大学院大学と京都府が包括協定を結んでの連携のもと、けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)に作られたもの。この施設からICT分野の技術や経験を通じて、国際化の推進、人材育成や街づくりに貢献したい、としています。実はこの研究所の所長に就任したのが、私の中学、高校を通じての友人である木戸出正継氏です。彼は奈良先端科学技術大学の名誉教授で、この分野の第一人者のひとりです。京都大学出身で大手家電の研究所研究員を経て、けいはんな学術研究都市にある同大にやってきた学者です。私はこの分野は殆ど明るくないのですが、彼と会ってるとなんだか難しいコンピューターのことも分かるような錯覚にとらわれるのは不思議です▼その彼が考えたわけではないと思いますが、出発にあたってのコンサート「ファゴットとチェロの調べ」には感動しました。ドイツを中心に世界各地で活躍され、日本の「3・11後」に際しても度々激励に駆けつけてきてくれたエーデルマン夫妻の演奏を聴けるとは。この際、京都へ行くなら聴く方も夫婦で、と思いましたが、「暑い時季に、暑い京都には、とても」という家人を説得できず、結局”おひとり様”で、という羽目になりました。それでも久方ぶりに生で聴くクラシックの演奏はこころ和むものがあり、一陣の風以上の涼を味わうことが出来たのは収穫でした。加えて、パーティでは彼の京大時代の友人たちと一緒に、和気あいあいの時間を過ごせ、幸せな気分に浸れました。近くけいはんな学園都市にお邪魔して色々と勉強をするつもりにもなりました▼もう一つは、神戸に住む年配の方々で構成される「人生悠々倶楽部」の催しに参加したことです。これは、元NHKの記者で私の高校の大先輩である今村隆さんが主宰するもので、様々な方をゲストに招き、講演を聴いたり、演奏を楽しんだりしているとのことです。今回は、78歳のオペラ歌手田中公道さんのテノールの歌声を聴く会でした。恥ずかしながらこれまで田中さんの存在を知らずにいた私は、彼の迫力あふれる凄まじいまでの声にしびれました。改めて感じたのは、オペラの歌というのは求愛、失恋など殆どすべてが男女の愛を表現したものばかり。歌詞がわかってるわけではなく、解説を聴いてのことだけなのですが、少々辟易してしまうのは歳の故でしょうか。わたくし的には日本の唱歌の方がこころにストンと落ちました▼演奏がひとしきり終わって、アンコールが繰り返されました。今村さんとは旧知のようで、あれこれと注文されるのにはこちらがハラハラしましたが、まったく意に介さず次々と美声を張り上げてサービスしてくれたのには感心しました。なかでも最後に歌ってくれた歌は、「いつかは私にも死ぬ時がくるだろう」との出だしで始まるもので、高齢の歌手の声によるものだけに、大いにこころに染み込みました。終演後にも記念撮影に応じてくれたり、様々な質問にも答えてくれました。私は、健康を維持するための努力などについて訊きましたが、「数多の薬のお世話になっている」といわれるので、つい「60過ぎたら薬は飲まない」という友人の医者の話をしてしまいました。してしまってから、余分なことだったと後悔しましたが、遅かったようです。「大丈夫です。十分気をつけながらお医者さんと相談の上ですから」との返事が返ってきました。夜寝るときは必ず首にタオルを巻き、冷やさないようにしているとか、あれこれとお話しいただきました。ピアニストの奥様がずっと演奏も一緒だということなども、この人の活躍の秘訣なのだろうと思ったものです。ともあれ、暑いさなかに大いに気分がさわやかになったひと時でした。(2015・7・30)

淡路島から瀬戸内海へ、日本のこころを求める

この20日には、私が顧問を務める船会社の主催で、淡路島ぶらり一周の船旅が始まりました。この夏の日曜日を中心に10回ほど展開されるもので、先日メディア各社を対象に試乗会(ほかに一般公募客も参加)をしたところ絶賛を博し、新聞各紙やテレビで報道されましたのでご存知かもしれません。明石港を出発し、津名港、洲本港、福良港と三か所に立ち寄って、それぞれの地で二時間ほど観光をして回ろうという企画です。参加した記者(夕刊フジ紙)は、「明石海峡大橋を真下から見上げる眺めは絶景で、減速してもらえるのは嬉しい配慮でした」「ツアーで巡るスポットは、淡路島の魅力に特化したところが多く、日帰りにも関わらず淡路島の魅力を満喫できる旅だった」との感想を寄せてくれました。去年は小豆島への船旅を行ったり、但馬地域のジオパークとの交流企画をうったり、兵庫県当局や淡路島観光協会などのご支援も得ながら、この会社は様々な試行錯誤をしてきました▼そうした試みをするなかで、今私の想いは瀬戸内海への内外の観光客を呼び集める構想へと集約されつつあります。先日も淡路島のホテルで、パシフィックコンサルタンツという企業のコンサルタントと瀬戸内海の観光振興策をめぐって意見交換をしました。これまでの瀬戸内海観光がややもすれば、広島、愛媛、香川、岡山の瀬戸内中心部4県に偏って展開されてきており、兵庫県、山口県あるいは九州の大分県などが埒外に追いやられてきていた傾向があるという点などで一致しました。その結果として、これからは、東、中央、西と瀬戸内海を三つのエリアに分けて細かな観光計画を立てる必要があり、とりわけ東の入り口に位置する淡路島をその突破口にしていこうということになったのです。関西国際空港に降り立った外国人客を、船で淡路島に呼び寄せ、さらに小豆島や直島、豊島など瀬戸内諸島を島めぐりするという企画は面白く魅力的と思いませんか▼こういう企画は、実は一般社団法人「瀬戸内海、創造の海へ」という組織体で実行に移そうとしています。代表には中西進先生についていただきたいと念願しています。万葉集を専門とする国文学者です。かねてより「国生みの島・淡路島」に強い関心を持っておられ、瀬戸内海に日本の原風景を見出すことで、現代日本人が忘れてしまっているこころを取り戻そうとされています。個人的にも私はすっかり中西先生の魅力に取りつかれてしまっています▼今発売中の、総合雑誌『潮』八月号の「シリーズ企画 戦後70年を問う」に、「詩心と哲学こそが国を強くする」という小論文を寄せておられます。この論文における同先生の「日本の政治家は今こそ詩心と哲学の大切さを自覚してほしい。武力に頼る大国主義ではなく、哲学の力、文学の力、詩の力こそがこの国を最も強くするのだ」という結論に至るまでの指摘はきわめて説得力に富んでいます。とりわけ、「現代日本人の日本理解があまりにも浅薄なことに危惧を抱くのである」という箇所や、「日本はアジアの文明をすべて受け取って拒否せず、たくましい創造性を発揮して発展させてきた。その日本文明が、アメリカ型グローバリズムより劣っているという見立ては明らかに誤りである」というくだりがそれです。日本文明とくにその中核をなす日本人のこころを探す旅を、瀬戸内海に求めようという志が私の体内で一段と燃えてきました。(2015・7・23)

なんだか筋が違ってる「安保法制批判」

安保法制に関する法案が、16日に衆議院を自公両党の賛成多数で通過しました。この日の朝に私は新聞二紙(地方紙含む)を見て、すぐに全国紙の著名コラムニストにメールをしました。「安保法制の衆院通過までの貴紙の報道、評論に疑問あり。公明賛成に至る修正の経緯に目を。10年1日のごとき批判では?違う切り口を(示せ)」というものです。このコラムニストー仮にNさんとしておきましょうーは、以前にはかなり読み応えのある政治評論を本紙政治欄に書いていましたが、一面下の専属コラム担当者になってからは、そうした評論は読むことができず残念に思っています。短い欄に安保法制批判一筋の論調ではとても味のある文章は書けないようで、あぶはち取らずになっており、この新聞社はとても人の使い方を誤ってるように思われます。彼から返事はまだ来ないのですが、先にこのブログで私の言いたかったことを詳しめに書いておきます▼安保法制批判を書く新聞の論調に私が疑問を抱くのは、自民党や公明党への批判よりも、安倍首相への攻撃一辺倒が目立つことに対してです。これまでの外交・安全保障をめぐる議論のなかでも、集団的自衛権行使を限定的にせよ認めるという決断をした二つの政党に対して、失礼極まりない行為だと思うというのは皮肉すぎるでしょうか。私がかつて外交安保部会長をしていた当時に、幾たびか今回のような緩やかな行使に向けての提案をしたことがあります。その都度、党内からは反発を頂き、党の最高幹部からも却下されたものです。それは憲法九条を金科玉条とは言わないまでも、堅持することをいわば党是としてきた党ですから当然でしょう。ここは憲法解釈ではなく、憲法改正で臨むのが、政治的にも政策的にも正しいということでした。言ってみれば時期尚早だったわけでしょうか。それにしてもこの辺りの「集団的自衛権の限定的導入決断」に至る経緯を追わない新聞社というのはよほどどうかしていると私には思えます。前掲の全国紙はそれでも内幕を探る連載を書いており、それなりに読ませました。しかし、それっきりで終わってしまい、どこがどう両党の間で食い違いがあり、それがどのような妥協で落ち着いたのかは、私には分かりませんでした▼ここは、詳しく自公両党の主張の違いを暴いて見せることが、なによりも国民への説明になると思います。今頃になって安倍首相が十分に説明をするとか、できてないとか言っていますが、私に言わせれば去年の自公協議の両党の立場の違いを言うことが一番分かり易いと思われます。その点、石破茂・現地方創生大臣が当時の交渉のなりゆきに不満を持っていたことなどがヒントになると思うのですが、もはやそのあたりは忘却の彼方に追いやられています。自民党には集団的自衛権のフル展開を主張している人がいたはずで(いなかったらよっぽど変ですが)、そのあたりの意見を押し隠すなどということは、まったく同党の伝統的流れに対して失礼だと思います。そうしたことを見せずに、結果としての自公の一枚岩ぶりを強調することからは、国民への正しい説明はうまれてくるはずがないと思うのです▼戦争法制を民意に逆らって強引に採決したとか、民主主義はどこへいったのかなどと、あり来たりの批判をそれこそ飽きもせずにやるのではなく、自公協議の中身を全面公開せよと(法案作成に至るまでの公明党と自民党の違いを明かせ)迫るべきです。そのことで、集団的自衛権が抱える本質的な問題が必ず浮き彫りになると思います。それこそかつてなんとかしたいと思った(特に、海外でのPKOの武器使用や、駆けつけ警護などの緩和)私などが一番知りたいところです。もちろんそれなりに想像力をたくましくすれば分かるのですが、全面公開にはかないません。新聞社はそういう論調こそ展開すべきで、ただ情緒的に戦争に巻き込まれるなどということを声高に叫んでいるだけでは、ご先祖様に笑われる(60年安保や70年安保、PKO法導入当時の批判と同じという意味です。誤解なく)というものです。そういうところに切り込まず、ただ安倍首相の”爺さん想い”的行動にばかり捕らわれての批判をしているようでは、自民、公明の”政党的成長”になんら繋がらない(新聞社はそれでいいのでしょうが、日本の政治にとっては損失です)と思われてなりません。これからは、良識の府である参議院での議論に期待するなどという、これまた何十年このかた不動の論調が見えますが、その前にやることがないのかどうか、新聞社の皆さんはよく考えるべきでしょう。冒頭に挙げた新聞社などはできれば、コラムニストをかつての立場に戻せば、少しは鋭い紙面が見られるのに、と非礼も顧みず提案しておきます。こうしたことこそ日本の民主主義にとって間違いなく前進に寄与すると思うからです。(2015・7・18)

公明党への「安保法制批判」はなぜ強くないのか

「安保法制は憲法違反である」との憲法学者らの指摘が今一つピンとこないのはなぜでしょうか。それは、自衛隊の存在そのものが憲法違反の疑いが強いと言われ続けてきたこと、しかもそれを声高に叫んできたのが当の憲法学者の皆さんだったということと無縁ではないように思われます。つまりは憲法9条に関しては、とりわけ見方が大きく分かれており、合憲、違憲の判断基準が極めてあいまいであることに起因しています。ある意味で、国民の耳は違憲の疑い云々には慣れっこになっているといえましょう。合憲というお墨付きが望ましいことは間違いがありませんが、違憲だと言われても現実とのかい離は如何ともしがたく、むしろ違憲と合憲の狭間をどう埋めるかという問題が私のような人間にとってはずっと関心事でした▼公明党の外交安保部会長、憲法調査会座長をやり、長年国会議論に携わってきた人間として、今の事態にもっと突っ込んだ意見の開陳をせよという仲間がいます。恐らくは、公明党の山口代表がしようとしてることなのだから、間違いはないはずなのだが、どうも安倍首相の言動には胡散臭いものを感じる、一体真実はどこにあるのか、お前の考えをはっきり言え,ということなんでしょう。本当は憲法を改正して対処すべきことを、ギリギリの憲法解釈ですませようとしているところから、混乱が起こっています。これは、仮に今のままだと、もっとひどいことになる恐れがあります。公明党が頑張ってあれこれと歯止め策を講じたことで、実際には「悪い方向には動かない車」になってるとの指摘が最も適切でしょう▼今回の国会論議を見たり聞いたりしていて気づくことは、与党・公明党への批判があまりないということです。本来ならば安倍自民党と一緒になって安保法制の具体化に取り組んでいる、小なりとはいえ与党なのだから、攻撃の矛先は十分にむけられて当然なのですが、あまりありません。なぜでしょうか。三つほど理由があげられます。一つは、あまりに安倍さんのやり方がひどいので公明党が見えない。二つは、公明党が懸命に歯止めをかけているので攻撃するのに忍びない。三つは、公明党なんか叩いてもしようがない。恐らくはこの三つがない交ぜになっているというところが真実でしょう。よく考えてみると、自衛隊憲法違反論をぶってみても事態は変わらないどころか、現実的には日本の国際貢献にとって、自衛隊は大いに役割を果たしてきてくれました。私が自衛隊という存在を考える時に思い出すのは、日本共産党の議員が自衛隊の駐屯地を視察に訪れながらも、栄誉礼には応じようとせずにバスの中でじっと隠れるようにしていたことです。「なぜ降りないのですか」と聞くと「自衛隊は憲法違反の存在だから」と言われたのには呆れたものです▼憲法違反だから集団的自衛権は一切ダメという、オールオアナッシング的態度ではなく、限定的ではあっても憲法9条がギリギリ許すと見做される範囲での対応努力が必要です。公明党が主張して盛り込まれた歯止め策は1⃣自国防衛のための新3要件2⃣相手国を破滅させる兵器の保有は認めないで、専守防衛を堅持3⃣任務遂行型の武器使用は認めても、治安維持行為はしない4⃣後方支援は、活動中を通じて戦闘行為がない地域でのみ実施するーなどです。日米同盟の絆のもとに、今の国際政治の現実はあるのです。アメリカの青年が血を流す時に、せめて日本の青年は汗を流すぐらいはしようというたとえは甘いでしょうか。一国平和主義で何もしないまま平和を安閑として享受するのではなく、精一杯「行動する国際平和主義」の実を結ばせようとしているのが公明党だと思います。(2015・7・15)

軽減税率導入に向けて零細小売業者の意見を聞く

町から市場が消えていくースーパーやコンビニなど大型店舗のすさまじい展開の前に、昔なじみの小さな市場が少しづつ身の回りから消えていっています。それをなんとか押しとどめたいと頑張ってるのが一般社団法人AKR共栄会です。AKRとはオール小売り連合の略称ですが、元をただすと、旭区(大阪市)のAだったようです。つまりは大阪が発祥の地で、今や近畿圏一帯にその対象エリアを広げています。これは要するに、共同仕入れ、共同配送、共同保険で店舗支援をして、小さな零細の青果を中心とした小売り業者をまとめて,大型店舗に対抗しようという試みです。この団体の立ち上げから関わり、今もそこの専務理事を務める河田正興さんと、私は付き合ってかれこれ20年になります。先日も地方創生の政策提言を、石破茂大臣に対して一緒にしてきたところです▼その河田さんから、この団体の幹部クラスの要望を聞いてやってほしいと頼まれました。中身は消費税に軽減税率の導入をしようとしている政府与党に注文をしたいというものでした。消費税は5%から8%へ。そして近く10%へと上がろうとしています。長く公明党はこうした動きに反対をしてきましたが、財源難の実態は如何ともしがたく、野田民主党政権の決断に際し、舵を切り替えました。民主、自民の密室協議を阻止し、一般庶民の要望を体現して軽減税率を導入することを条件に消費税賛成に回ったのです。当時私はこれを「虎穴に入らずんば虎児を得ず」と例えました。先の衆議院選挙では、公明党は「軽減税率導入一本やり」と言ってもいいくらいの熱心な公約宣伝ぶりだったことはみなさん周知のとおりだと思います。その後、与党内で導入に向けての様々な取り組みがなされていますが、なかなか難航しており、前途は厳しいものがあります▼6日の月曜日に大阪市内で開かれたAKR共栄会の幹部会の中で一時間ほどを費やして皆さんから要望を聞きました。「これまでのように外税(時限立法でそうなっている)にしてほしい。内税では非常に取り扱いが面倒だし、お客さんも手が出しにくい」「煩瑣な手続きのために新たにレジを買い替える必要が生じる。その際には補助をしてもらいたい」ーなどという要望を中心にあれこれと意見が出されました。最前線の消費者と接触する小売業者の意見を政治家はきくべきだとの観点からのものばかりです。公明党が強く軽減税率を主張するのは、低所得者のためという視点はわかるものの、零細小売業者の立場も分かってほしいという意見です。私はしっかり党中央に声を届けます、と言うだけでは足らないものを感じて、その場で斎藤鉄夫党税調会長に電話をしました。残念ながら繋がらず、後でこの場の空気を伝え、善処を要望しました。彼によると、80団体くらいから意見を聞いたとのことですが、直接消費者とは接触しない大手団体の代表ばかりのようでした。そこで、ぜひともAKR共栄会の意見を聞いてほしいといいましたところ、快諾してくれました。近くそういう場を持ってもらうことにしました。どこまで意見が通るか、未だ不透明ですが、精一杯声を届けるべく私も頑張る決意です。(2015・7・9)

大津波から最後のひとりを救うシェルター

東北のあの大災害いらい私たち日本人の防災に対する考え方が大きく変わってきたように思われます。とくに東南海トラフ大地震による大被害が必至とされる地域においては真剣な対応がなされているようです。また、様々な防災グッズや防災に向けての仕組み作りを行っている企業も数多くあります。私は今、瀬戸内海への観光振興、とりわけインバウンドに力を注いでいますが、その仕事の関係で知り合った企業も熱心に取り組んでいます。ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社(神原潤社長)です。広島県尾道市にある常石造船の系列企業です。ここがあの震災の直後から作ろうと決意し、既に実用化に漕ぎ着けているのが大津波から最後の避難を可能にするアルミ浮揚型津波シェルターです▼東北での様々な悲しい話題の中でもとりわけ胸を詰まらせたのは、すべての市民に避難を呼びかけた後、自分自身が逃げるいとまもなく押し流されてしまった宮城県南三陸町の女性職員のことです。もし、そういう時に避難を可能にする津波シェルターがあったら、尊い命を失うことはなかったのに、との強い思いから全社挙げて開発に取り組み、完成させたといいます。こういうものは既に三社ほどが実用化に成功し、国交省から認可を得てきていますが、造船会社のノウハウを活用して作ったのはこの社のものだけです。海に強い企業だけに、いかなる津波災害にも十分に耐えうる優れものを生産したといえましょう▼先日来、こういう津波災害に強い機能を持ったシェルターの必要性を訴えるプレゼンテーションを支援するべく動いています。なぜ、私がこういう手助けをするかというと、このシェルターを提供するべく黙々と営業にあたってる青年に好感を抱いたからです。彼はあの震災で大きな被害を受けた岩手県大槌町出身。その思いには深いものがあるはずです。先々月は公明党の災害対策本部(石田祝稔本部長)の会合で、同社がプレゼンをするにあたってお手伝いをしました。そこには国交省や総務省などの関係省庁の役人も来て、質疑応答などをしました。ついで、先月末には高知市に足を運び、与党である自民党や公明党の関係者と面談し、意見交換をしたしだいです。また、先日は和歌山県御坊市にも行ってまいりました。静岡県にも働きかけています。こういった機会を通じて気づくことは、どの自治体もよく防災対応に取り組んでおられるのですが、なかなかこういったシェルターの導入までには至らないのです。全長8メートル余りで、幅、高さがそれぞれ2メートル強というアルミ合金製のものですから、1⃣強靱性2⃣防水性3⃣復原性、不沈性に優れていると言われても、1千2百万円ほどの費用がかかるとなると触手はなかなか動かないようです。まして1⃣1週間分の水・食料を完備2⃣シートベルト付き座席シート3⃣車いすでも乗れるバリアフリータイプだと言われても、臨場感がないのかも知れません▼のど元過ぎれば熱さ忘れるというわけではないのでしょうが、そこまでせずともなんとかなる、逃げられると思うのが人の常のようです。作った側としては、これで悲劇の再発を抑えられるのに、と心ははやるようですが、現実は厳しいものがあります。政党関係者は一様に、とことん防災に熱心な首長を探すしかないと言います。また、自治体以外にも民間介護施設で必要と考えるところがあるはずだから、根気よく当たれと言います。いつ来るかわからないが、遠からず必ずくる大地震による大津波との戦いは果てしなく続きます。彼らの説明に立ち会っていて、ひょっとすると、ついに一台も売れないのではないかとの不吉な予感に襲われることもあります。しかし、そんなものを払拭してこれからも側面から応援をしていこうと決意しています。(2015・7・4)