ここがわからん集団的自衛権問題

さる二日、集団的自衛権行使容認の閣議決定を受けて、姫路商工会議所のホールで、地域の皆さんに説明する機会があった。その際には、これまでに既に公開したような私の考え方を駆使してお話した。終わって質問を受けた際のやり取りを以下に、加筆補充したうえで、掲載した。

A)米艦船と並んで日本の海上自衛隊艦船がいるところに第三国が攻撃を仕掛けてきたとする。その際には、日本が直接攻撃されていなくても、今回の閣議決定で限定的にせよ行使が容認されたということで、日本はその第三国に反撃するということになるのか?

赤松)これまでは、そばにいる同盟国の米艦船が攻撃されても、日本への直接攻撃でなければ何もできなかった。すれば、憲法が禁じる集団的自衛権の行使と見なされたからだ。それがこれからは反撃出来ることになる。ただし、これまでも、これは個別的自衛権の範疇ではないか、との解釈もあった。それを今回整理して、多国防衛のためではなく、自国防衛と全く同じだとした。つまり、憲法9条の枠内で出来る、日本自衛のためのこと、との判断である。解釈を変えて改憲したのではなく、憲法の枠内での解釈を適正に下した。

A)それでは、賛成できない。文字通り戦争に突入する。

赤松) それは第三国が攻撃をしかけた時点で戦争に入っていることであり、そのままの状態では、相手のなすがままになってしまう。尤も、今回の決定で、抑止力が働き、そのような無謀な攻撃を思いとどまらせることが可能になるとの判断があるので、戦争は抑止される。

B)憲法9条の規定は、一項で武力の保持を否定し、二項で国権の発動としての交戦権を否定している。これは明白な解釈であり、そもそも自衛隊の存在は憲法違反ではないのか。

赤松) 憲法学者の間でも、そういう解釈に立つ人もいれば、自衛のための武力行使は憲法9条でも認められているとの立場に依拠するひとも多い。歴代政府は自衛のための武力行使は認められるとの判断に立ってきたし、公明党もかつて違憲の疑いがあるとした自衛隊の存在を昭和56年の段階で、領土、領海、領空のいわゆる領域保全に限定した能力をもつことは合憲だとの認識を確立するに至った。どこかの政党のように、政権についたら、一朝にしてこれまでの主張を転換して合憲と認めたり、さらにある政党のように、自分たちが政権についたら、自前の軍隊を持つが、今の自衛隊は違憲の存在などと言ったご都合主義には立たない。

B)仮に日本それ自体を守る自衛隊は合憲の存在だとしても、PKOで世界各地に自衛隊員を派遣したり、イラクやアフガンに自衛隊を送り出したのは、拡大解釈ではないのか。今また、それを繰り返そうというのは許されない。憲法を改正していくのが筋で、解釈で改憲するのはおかしい。

赤松)PKOは紛争が終わった後に、再発防止のために行くもので、基本的に紛争処理でもなく、仮に紛争に巻き込まれたら、その場で中断し、撤退するという厳格な歯止めを日本は自らに課してきている。イラクやアフガンも後方地域での人道復興支援であって、紛争、戦闘地域ではないところに送ってきた。武力行使を目的にした戦闘行為に参加するものではない。今回も、いわゆる駆けつけ警護を可能にしたのは、国家やそれに準ずるものではなく、もっと小単位の集団により生命の危険にさらされている他国のPKO要員を助けるための武器の使用であって、憲法9条が禁じるような武力行使には当たらない。また、機雷除去の行為も戦闘がまさに行われているところには行かないし、すべて憲法の枠内ととらえられる行為のみが許されたとの判断と認識している。適正解釈の余地が未だある限りは、憲法改正をせずともいい。しかし、これ以上は憲法改正をするしかない、との理解である。具体的には今後の法制定にかかっているわけで、閣議決定は最初の一歩に過ぎないので、今後の審議が重要になってくるのは言うまでもない。

C)今まで聴いていると、ギリギリの憲法の枠内だとの解釈のようだが、自民党との連立を組んでいるがゆえの妥協に思われる。平和の党・公明党としてもっと、「連立離脱カード」を縦横無尽に駆使して、流れをぐっと変える方に舵取りできなかったのか?これでは、今までの支持者が離れて行ってしまう。

赤松)仮に政権離脱をしたら、今の政治の安定はたちまち崩れてしまう。しかも、政治は安全保障だけではない、経済も、社会保障も公明党が政権の内部にあって漸次、緩やかなる改革を内側から進めていくことが大切ではないだろうか。北東アジアの安全保障環境は一段と厳しさを増しているだけに、油断は禁物である。公明党の「行動する国際平和主義」は、旧態依然の左翼政党の「座して叫ぶだけの一国平和主義」ではないし、感情に流されるままの右翼勢力の「憲法の枠越えを狙う軍事拡大主義」でもない。支持者は、じっと見ている。今回の自公協議に果たした公明党の獅子奮迅のブレーキ役、歯止め役ぶりは必ず理解されるものと信じている。

 

「集団的自衛権行使容認」の閣議決定の正しい読み方

集団的自衛権をめぐる容認の閣議決定を受けて、どう受け止めればいいのかについて記しておきたい。結論から言えば、9条の適正解釈の範囲内といえる結論であったと、大筋評価したい。新聞論調を見ると、今回の決定を肯定的に捉える読売が社説で、「抑止力向上へ意義深い『容認』」とし、限定容認を評価する。日経社説も「助け合いで安全保障を固める道へ」としたうえで、外交力の大切さを強調している。産経は有元政治部長が、「呪縛解き『21世紀の日本』示す時」としてその大きな意義を認めた▲一方、断固反対派の朝日は、「憲法9条解釈覆す」との大見出しに、「戦争参加可能に」と。さらに三浦編集委員の「『強兵』への道許されない」との小論を掲げる。毎日は社説で「歯止めは国民がかける」と、公明へのあてつけのような見出しをつけ、「公明、楽観論で誤算」と「平和国家の変質」を主張する。さらに地元紙・神戸は、解説記事で「国民不在の歴史的転換」とする一方、「歯止め役公明、深まる埋没感」と囲み記事で添える▲このように、地元紙を含む6大紙は見事に半々である。どちらかの主張を見て、今回の決定を楽観的に見るのも、また悲観的に捉えるのも一面的だと私は思う。ここは、やはり、当事者の機関紙・公明新聞を開きたい。山口代表の会見を「平和主義の柱を堅持」とまとめたうえで、「専守防衛今後も変わらず」「国際平和実現へ外交力強化」と訴えている。この会見のポイントは、「外国の防衛それ自体を目的とする、いわゆる集団的自衛権は、今後とも認めない。憲法上、許される自衛の措置は自国防衛のみに限られる。いわば、個別的自衛権に匹敵するような事態にのみ発動されるとの憲法上の歯止めをかけ、憲法の規範性を確保した」にある▲憲法をめぐる、こうした国論二分はなぜなのか。ひとえに憲法9条の明文規定が、安全保障の見地からはかなり曖昧であることに起因する。現実重視派からは「理想に過ぎては国が亡ぶ」と一蹴され、理想主義者からは「非暴力・平和を忘れるな」と絡まれ続ける。もはや、「憲法改正」で、国民的大議論を経て、分かり易い書き改めるしかない。ただ、最後に公明党に求めたいことがある。今からでも遅くないから、今回の11回にわたる自公協議の中味をしっかり整理し、国民に提示してもらいたいことだ。それを第一歩として、あるべき憲法改正に向けての議論が始まるのではないか。(2014・7・2)

幻に終わった週刊朝日の私の発言記事

週刊朝日7月4日号に掲載され損なった文章は以下の通りです。

今の自公与党協議に期待する点はただ一つ。これから想定される事態に対して、憲法9条のもとで出来ることと、出来ないことを整理することに尽きる。つまりは、いわゆる集団的自衛権マターだと言っても、個別的自衛権の範疇に入るものもある。この辺りを明確に仕分けしてほしいということだ。そこを曖昧にしたままの言葉遊びはやめて欲しい。

領域保全の防衛に限定した自衛隊は合憲の存在として公明党は30数年前に認めていらい、懸命になって、9条解釈を縮小過ぎるのででもなく、また、拡大解釈しすぎることもなく、適正解釈の道をギリギリ探ってきた。この20年、PKO参加から、人道支援に限定して後方支援に取り組む道を開いてきたのも、いずれも憲法9条の認める解釈内との判断があったからだ。

安倍自民党が、イラク戦争をめぐる総括をしないで、今の集団的自衛権論議を進めようとしていることは極めて危うい。公明党は2009年に、誤れる情報に引きずられての自衛隊サマワ派遣を容認したことを反省する総括をした。米国のイラク侵攻が結果として何をもたらしたか?今再びのイラク内戦を見て、軍事力の虚しさを感じない人がいるだろうか。(2014・6・30)

※以上が、私が編集部に直してほしいとした文章である。歴史のなかでの今回の判断の位置づけがすっきり解るはず。これに対して、編集記者は、これでは、公明党の立場を説明するばかりだといって、なかなか取り合ってくれなかった。結果的に、それは仕方がないとしたものの、同誌の私のインタビュー記事以外の本編部分には、苦言を呈しておいた。反創価学会を売り物にしている某人物の一方的な発言を基に、極めて偏った構成になっていたからである。そういった人物の名前を繰り返し使うからこそ、そういった輩が増長するのだ、と。(2014・6・30)

 

9条でできないこと、譲るなー週刊朝日のインタビュー記事から

先日発売された『週刊朝日』7・4号に私のインタビュー記事が掲載されましたので、ここに全文を転載します。

自公で連立を組んで15年になりますが、重大な局面を迎えています。憲法解釈を拡大しようとする安倍自民党に、しっかりブレーキをかけられるか。公明党の真価が問われています。小泉政権の2003年、大量破壊兵器があるとして米国がイラクに侵攻し、日本の自衛隊も後方人道支援の目的で、非戦闘地域といわれたサマワに派遣されました。しかし、後に米国が「同兵器はなかった」とその非を認め、日本はいわば梯子を外された格好となった。公明党は09年、党外交安全保障調査会長だった自分が中心となり、「アメリカからの情報をうのみにして、自衛隊を派遣したことは否めない」といった内容を含む総括をしました。痛恨の極み。自衛隊に犠牲者が出なかったのは僥倖でした。

自民党がそうした総括をしないまま、集団的自衛権の行使容認を進めていることに危うさを感じる。イラク戦争のように米国に求められるまま、自衛隊を無制限に派遣させる。国防軍をつくり、米国が求めていないことにまで手をだす。そんな怖さがあるから、歯止めの役割が必要なのです。

いまの自公協議で大事なのは平和主義を規定した憲法9条の枠内で何ができて、何ができないのかをはっきりさせること。できないことは、ダメだと主張すべきで、あいまいな言葉遊びは後世に禍根を残す。9条の縮小解釈でも、拡大解釈でもない、許容されるギリギリの対応をしてほしいですね。

 ※週刊朝日編集部は私への取材から以上のような文章を私の発言として掲載しました。しかし、幾つかの点で私の発言とされると不本意な個所があるので、直してくれと言いましたが、結局聞き入れられませんでした。次回は私がこのように発言したいからと言って提示しながらも受け入れられなかった原稿を掲載します。両者を比較してみてください。(2014・6・28)

適正解釈の余地は未だあるー神戸新聞のインタビューに答える

神戸新聞6月23日付けで掲載された私へのインタビュー記事を転載します。見出しなどは、集団的自衛権の現状 赤松正雄元衆議院議員に聞くー”適正解釈”の余地ある 「9条の枠内」と言える結論を となっています。

ー憲法問題をライフワークとしてきた

「戦後約70年、憲法9条をいかに適正に解釈するかをめぐって、政治は推移してきた。今は認められている個別的自衛権、自衛隊の存在さえ違憲だとする左派勢力と、結党以来、改憲を旗印とする自民党のぶつかり合いが続いてきた」

ー公明党の立ち位置は。

「自衛隊は今では国連平和維持活動(PKO)を行い、多国籍軍への後方支援としてイラクやアフガニスタンにも派遣された。それが現在の到達点。踏み切ったのは自民党だが、全て公明党が反対したらできなかった」

「私なりの言い方をすれば、極端な拡大解釈をしようとする自民に歯止めをかけ、極端な縮小解釈でよいとする左派勢力の考えは打破する。それ故、双方から非難を浴びてきたが、中庸こそ公明の役割だろう」

ーだが、公明は集団的自衛権の行使容認にかじを切ったとされる。

「報道では既に白旗を掲げたように言われているが、最終結論は出ていない。ひとまず国会中に閣議決定はさせないで、言葉は悪いが、引きのばそう延ばそうとしているふうでもある」

「公明は『9条の下でできること、できないことを整理する』としている。言い換えれば従来の個別的自衛権の枠内で、まだできることがあるという意味。拡大解釈でも縮小解釈でもない”適正解釈”の余地があると」

ー公明は、米艦防護についても「周辺事態の際は個別的自衛権で対応可能」と主張したが、安倍首相はあくまで集団的自衛権の行使容認を目指している。

「集団的自衛権とは、他人のけんかを買って出ること。”お友達国家”がやられているからと、わざわざ出かけて行って武力を行使すれば、かつて来た道をたどることになる。安倍首相は『必要最小限度』の容認という名の下、公明の言い分をある程度聞いて突破口を開け、いかようにもできるようにしよう、としている節がある」

―公明として踏みとどまるべき境界はどこにあると考えるのか。

「現時点で具体的に表すのは難しい。イラクやアフガン派遣も、非戦争地域での後方支援だから『9条の枠内』と言ってきた。それが言えないなら公明の敗北だ。”闇から闇”で終わらせず、『こういう議論をし、こう整理した』と明確にしないと。『どう考えてもこれは0条の枠内とは言えないと衆目が一致するような結論を容認してはいけない』(2014・6・23)

 

自衛権をめぐる綱引き報道 に疑問

集団的自衛権をめぐっての与党協議での結論が、憲法解釈で容認するということになったと早くも報じられていることには納得しがたいものがあります。協議そのものは未だ結論は出ていないし、憲法解釈については大いなるズレがあるのですから、それを今整理する必要があるのです。新聞記者たちの早とちりに騙されてはいけないのです▼日本の憲法は制定いらいいわゆる明文改憲というのはされたことがありません。条文の規定、書きぶりを変えたことはない。つまり文章を直したことはないということです。しかし、どう解釈をするかについては、この70年近い歳月の中で変化をしてきました。例えば、最大の焦点である9条をどう解釈するかは、立場の違いによって最初から大きな落差があったのです▼自らを守るための武力行使は勿論、それを保持することさえ認められていないという極めて厳格な解釈。それから始まって、海外におけるPKO(国連平和維持活動)への自衛隊参加や多国籍軍の後方にあっての人道支援は認められるという今日の解釈に至るまで、実に幅広く解釈は変遷してきています。それをすべて憲法の拡大解釈であるとするのか。それともそれは、縮小解釈であって、もっと9条の範囲内で出来ることはあるはずだとするのか。この線引きをめぐる整理が大変に重要なのです▼いわゆる旧左翼勢力は、基本的には自衛隊違憲論に立っていますから、解釈をあれこれ変えるのは反対です。一方、自民党はじめ伝統的保守勢力は、9条そのものを書き換えたいとしてきました。公明党は、その両者のはざまにあって、9条をめぐっては、自衛隊合憲のものと昭和56年の段階で解釈してから、30数年間、「行動する国際平和主義」の旗のもと、積極的な国際貢献を推進してきました。カンボディア、イラク、アフガンといったところへ、武力行使をするためではなく、後方支援のために自衛隊派遣をするのは憲法の範囲内だとしてきたのです▼今回、集団的自衛権の行使が出来るようにしたい、その突破口を開きたいというのは、自民党の9条の枠を越えてしまう拡大解釈だといえます。そうではなく、個別的自衛権でぎりぎり出来ることを明確にする、つまり、9条の枠内で出来ることを整理するところに意義があると私などは考えます。それは、極端な縮小解釈に留まるのではなく、また極端な拡大解釈に身を委ねるのでもなく、むしろ適正解釈への不断の試みだと思うのです。未だ、時間はあります。安倍自民党の留まるところを知らぬ拡大解釈に歯止めをかけ、旧左翼勢力の一国平和主義の縮小解釈の迷妄を打ち破ることが出来るのは公明党だけなのです。(2014・6・17)

走りながら死ぬことを夢見て今朝も

先週末、久方ぶりに15キロほど走って温泉に向かった。塩田温泉・夢の井ホテルまでである。一人ではない。伴走してくれたのは、私の個人的ランニングコーチである坂本日出明氏(64)。因みに彼は、ホテルに車をおきに行く前に私の家に立ち寄り、着替えの下着を持っていってくれた。その後、ホテルから15キロ走って私を迎えに来てくれ、一緒に走ったから彼は結局、計30キロも走ったことになる。名刺会社の社長だが、本格的ランナーで、走る合間に仕事をしていると言った方が正確かもしれない。全国における60歳代のランナーのなかで70位ほどの記録を持つというから並ではない▼右肩が下がり過ぎているので、注意しなさい。そういわれても全く自分ではわからない。下を見ないでもっと前方を見て。そういわれても走るときは眼鏡を外しているから遠くは見えない。足はかかとからではなく、五本の指を曲げないで付け根部分から着地するように。そういわれても爪の先が痛くて、なかなか難しい▼60歳を超えてから始めた『60の足習い』も一進一退。フルマラソンはおろか、ハーフでさえもままならぬ。過去に一二度しか20キロを超えて走ったことはない。半年ほど前に、一人で今回と同じコースを走って到着したときは、殆どヨレヨレ状態で、あやうく温泉の洗い場で倒れ込みそうになった。70近い爺さんの一糸まとわぬあられもない姿…、想像しただけでもおぞましくならない方は相当に心臓がお強いと言えよう▼そんなにしてまで、なんで走るのか。「おまえ、あほか」と云った高校時代の友人がいる。私にいわせれば、走らんやつこそ、バカかとは云わんけど、勿体なあと思う。いくらしんどくても走ったあとの爽快感は譬えようもない。それに最近は10キロくらいだと走っていても決して辛くない。ゆっくりと、時速7キロくらいのスピードで走る早朝の気色は最高だ。死ぬまで、走る。走りながら死ぬことを半ば夢見るように今朝も走る(2014・6・11)

禁煙と喫煙のあいだにあるものは

早朝のランニングでの楽しみの一つはラジオを聴くこと。今朝は走りながら笑った。というか、呆れはてた。関東地方でのある病院で、禁煙治療をこの数年していたようだが、その一方で、病院のなかに職員が煙草を吸うコーナーがあり、ずっと使われてきたと言うのだ。これまで貰っていた診療報酬を返還するというのも当然だろう▼ことがあらわになり、病院側がだしたコメントは、「ご迷惑と、ご心配をかけたことに対して」申し訳なく思う、と言ったもの。この出来事で、誰が迷惑を受け、心配するのか?それは紛れもなく病院関係者であろう。要するに内輪に対して、ばれてしまってご免なさいと言ってるように聞こえる▼外に向かってコメントされたもではないのである。ここは、「医療関係者として、申し開き出来ることではなく、只々恥ずかしい限り」で「いかなる処罰も甘んじて受ける」というぐらいのことは言ってほしい。それが出来ないというならば、むしろ開き直って「禁煙など出来るはずがないし、喫煙は身体に必ずしも悪くない」とでも言ってくれた方が未だしもすっきりするのではないか▼ところで、煙草がどこまで人間の身体を蝕むかについては、諸説紛々あって、意外に定着していないと言うと、嫌煙家からは怒られようか。私自身は既に幾度かの禁煙を経て、今は吸っていない。しかし、うまそうに吸う人と面談したり、格好いいポーズでいい男やいい女がくゆらせているシーンを映像で見ると……▼友人の中に、煙草を止めてもう何年も経っているが、時々親しい人が吸っていると、つい貰い煙草を一本か二本してしまうという男がいる。これが無性にうまいんだ、と。これって、絶対吸わない人やずっと吸ってる人よりも意志堅固ではないかと偉そうに言うのだが。(2014・6・7)

80人の聴衆を前に自衛権を説明。さてその反応は?

 先日ある新聞の漫画を見ていると、6月になると、はや一年も半分過ぎたのかとの思いにかられ、憂鬱になってしまうので、それを「6月病」というとあった。それはともかく、確かに季節は冬から春を経て今や夏の到来である。時の過ぎゆく速さには今更ながら驚くばかりだ。別に5月病を患っていたわけではないものの、都合で一か月ほどこの回走記はお休みを頂いた。これより再開することに▼一昨日の水曜日のこと。姫路市西北端の安富町で80人ほどの壮年、婦人を対象に集団的自衛権をめぐっての会合に講師として参加した。まず私は、これまでの平和憲法下における自衛隊の活動の変遷を三段階に大別して説明した。①個別的自衛権の行使②カンボディアPKOへの参加③イラク・サマワの後方支援活動ーこの三つについて、いかに伝統的左翼政党が反対し続けてきたかということと、逆に、自民党など保守勢力が集団的自衛権の行使容認を悲願としてきたかについてを解説した。つまり、今④段階目に登場しているのがまさにそれであり、これまで②と③について柔軟に対応してきた公明党の判断が迫られていると述べた▼その際の判断の基準はあくまで憲法9条の解釈の範囲内ということであって、安倍首相らがこれまでの解釈を勝手に変えて、つまり範囲外のことを可能にすることではないことを強調した。すなわち自民党と公明党の協議は、憲法9条のもとで出来ることと出来ないことの仕分けをすることにあると明言した。話し合いをすると言うからには、憲法9条の範囲内とはなにかをめぐって認識の違いがあり、それを埋めることにあるはず。それを見極めるための整理を今両党がしているということについて、かねて私の持論である〇と□の図式を使って分かり易く説明をした▼この日は終わって主催者がアンケートを取った。後日その結果を聞いていささかショックを受けた。つまり、よく理解できた人が17人。少し理解できたが55人。良く解らなかったが4人。全く解らなかったが1人。未回答が4人だった。せめて半分の40人ぐらいに良く理解して欲しかったのだが。また、解釈改憲を認める人が11人。憲法改正して容認すべきが27人で、容認すべきでないという18人をおおきく上回ったことも少々驚きだった。容認すべきではないが半分ぐらいいるかと思ったのだが▼様々な意見や要望を参考に書いてもらったのだが、「永久に平和を守って欲しい。公明党に期待します」というものから、「日本は世界からなめられているので、憲法改正をして容認すべき。人間でもええ人やと思われたら利用されるだけ」というものまで実に幅広く様々な意見が寄せられた。おおむね、「こういう機会は良かった。図や譬えをいれての説明は分かり易かった」とあり、ホッとした。ただし、「池上彰とまでとは言わないが、もっと小学生にも解るように教えてほしい」というものもあった。うーん。池上氏よりいいと思ったのだが。(2014・6・6)

帽子の効用はどこにあるか、ご存じ?

先日観たテレビ映画『LEADERS』には大いに心惹かれるところがあった。トヨタ自動車の草創期における壮絶なまでの闘いぶり。リーダーのあるべき姿に。役者たちも見事な演技だった。そんな中で、気になったのはあの時代の男たちの帽子だ▲中折れ帽は今でこそ少しは見かけるが、いっときは皆無と言ってもいいほどだった。私たちの親の世代は被っていたが、私など持ってもいない。女たちは日除けに被る帽子をはじめ、それなりにおしゃれに着こなしているが、男は普段あまりお見かけしないだけに、帽子を被った男たちの映画のシーンは印象に残る▲そんな折も折、近くの幼稚園での園児たちの帽子を見て考え込んだ。一様に防止の後ろに日除け用の布を垂らしているのだ。これって、我々には旧帝国陸軍の兵隊さんたちを連想させる。こっちは最近になってこの手のたぐいの姿に帽子はすっかり占領されている。何もこうまでしなくとも、と思うのだが▲そんな私だが、毎日の早朝ランニングでかかさず野球帽を被っている。日除けでもない。おしゃれでも勿論ない。なぜか。その効用を知ったからだが、それはひとえに視線除けなのだ。ひさしのお蔭で、向うからくる人と視線を合わさずともすむ。被ってなければ、もろに視線が合い、挨拶を交わすことを余儀なくされてしまう。帽子一つのせいでひたすら黙々と自分の世界に浸れる喜びは何物にも代えがたい。(2014・4・14)