新たな”一期一縁”を生み出すきっかけ

先月の半ばに上京した際に、二泊三日の滞在時間中に様々な人たちとお会いし、旧交を温めたり仕事上のお付き合いを重ねたが、そのうちのひとりに第三文明社の社長の大島光明さんがいる。二つ年上の怖い先輩である。この人と初めてあったのは昭和40年代の後半だからかれこれ40年に及ぶ。新聞記者や団体役員を経て今は出版社の社長。節目ごとにご指導をいただいている。現在は自分の社で出版している月刊誌で佐藤優氏の対談が始まっていることから、彼と会うこともしばしばあるようだ。上京の際には佐藤さんのことをあれこれ語り合った。その際に帰り際に同社発刊の書物を数冊戴いた。その中に、森田実『一期一縁』があった。森田さんも佐藤さんと同様に、いやもっと前から公明党に対してまことに得難い応援の言葉を発信していただいている▼公明党兵庫県本部でわたしが代表を務めていた頃に幹事長として長く支えてくれた野口裕県議は、この森田氏とかねて親交があり、しばしば引っ張ってきてくれて講演などをしていただいたものである。森田さんとはそうしたわたしの先輩や後輩とのご縁はありながらも直接のつながりはなかった。ところが、不思議なことにたまたまわたしが購入して読んだ姫路の同人誌『播火』がご縁でしっかりとつながりが出来た。『播火』は姫路で作家活動を続ける柳谷郁子さんが主宰する同人誌だが、わたしも時々目にすることがある。今回は、わたしのもとで仕事を支えてくれていた仲間が初めて寄稿したものが掲載されていると知って、手にしたものだ▼巻頭のエッセイを開いてみて驚いた。いきなり、そこには森田実さんの『一期一縁』の中の「われは湖の子」が登場しているではないか。柳谷さんは諏訪湖のそばで生まれ育ったひとなのだが、森田さんのこの本のそのくだりを読んで思わず懐かしい故郷のことについて思いを馳せさせられ筆をとられたようなのだ。「湖(うみ)とは諏訪湖のことである。海のない長野県の諏訪では諏訪湖を湖(うみ)と呼んでいた、とある。私もそう呼んで育った」から始まる文章はなかなか美しい筆致で読む者に感激を呼び起こす。わたしはこのひともそして元姫路市議だった夫君も(共に早稲田大出身)存じ上げているだけに興味深く一気に読んだ。何よりもこの森田さんの本は、ご主人が本屋で見つけて、この諏訪湖のくだりを広げて彼女に見てみなさいと差し出されたというところに感心した。夫唱婦随の典型のように感じられ、麗しい思いがしたからだ▼こうして柳谷さんのおかげで、大島社長からいただいたままになって書棚に積まれていたこの本を引っ張り出して読むことになった。「われは湖の子」から始まって、「平和」と「出会い」についての二章からなる本を読んだ。第一章では全学連の闘士だった頃の森田さんについての生きざまが分かるし、第二章ではその後の彼の人生における交友関係がよく分かる。まさに一人ひとりの人間を大切にして関係を大事に育て上げられる人柄が彷彿としてくる。直ちに大島先輩に連絡し、森田さんの事務所の連絡先を聞いた。ファックスを送り、柳谷さんのことをお伝えした。すぐさま、森田さんからは「柳谷郁子さんの美しい文章を読み、感動しました。『播火』を読みたいと思います。私のHPの読者の中には地域の同人誌を発行している方もいますので、『播火』を紹介したいと思います」とあった▼森田実さんは1932年生まれだから今年83歳になられる。益々お元気で公明党がいかに素晴らしい政党であるかについて語ってくださっている。イデオロギー華やかなりしころの一方の旗頭だっただけにその論陣はただならぬ重みを持つ。佐藤優さんと並び立つもう一人の諸天善神に違いない。柳谷郁子さんは、姫路に拠点を持ち作家活動を旺盛に続けている。先年お会いした時に、黒田官兵衛にまつわる書物を著わしてほしいとの地元のファンの方々の要請を受けているとのことであった。このたびの件で、そのことをお聞きしたら、ようやく上梓する寸前にこぎつけたとのことだった。この人の先のエッセイの末尾には「その湖畔で育った私はどうしても書きたい小説の抗争を抱いたまま未だ果たせないでいる。題名だけは揺るぎなく決まっているのだが」とあった。私より8歳ほど年長だと思われる方だが、いやはや年齢を感じさせぬ創作意欲は凄まじい。遅れて歩むものたちにとって大いに励みになるお二人だ。(2015・2・8)

Leave a Comment

Filed under Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です